利休忌

          ○利休忌や幸も不幸も糾える

            (りきゅうきやこうもふこうもあなざえる)

       f:id:eeyannka:20200327105223j:plain

            ○利休忌や金の茶室に窒息す    秋甫

            ○利休忌の楽にも萩もご縁なく   々

            ○利休忌や祖父の点前は甘納豆   々

 

青き踏む

          ○爽爽と老うべき日々の青き踏む

             (そうそうとおうべきひびのあおきふむ)

           f:id:eeyannka:20200326101905j:plain

            ○予備校生となる今朝の青き踏む    秋甫

            ○其々のラストスパート青き踏む    々

            ○踏青や石楠花くれしネパールの子   々

 

山笑う

          ○釣ぼうず我家を見れば山笑う

             (つりぼうずわがやをみればやまわらう)

           f:id:eeyannka:20200325074438j:plain

             ○山笑う裾に我家の窓開きて   秋甫

             ○大きな顔は看板なりぬ山笑う  々

             ○山笑う障子繕わねばならず   々

 

鳥帰る

          ○鳥帰る来年も来よさりながら

             (とりかえるらいねんもこよさりながら)

            f:id:eeyannka:20200324064124j:plain

            ○青年の屈折多く鳥帰る       秋甫

            ○引鳥や母はただ子に生きよとぞ   々

            ○鳥渡る秘密めきたる北の国     々

 

山椒の芽

          ○山椒の若木やうやう芽の出づる

             (さんしょうのわかぎようようめのいずる)

             f:id:eeyannka:20200323081717j:plain

             ○芽山椒叩かれて香を発憤す     秋甫

             ○大棘に守られてゐる木の芽かな   々

             ○芽山椒青年と成りてより早し    々 

              

野火

          ○勢子の後追う形勢に野火走る

             (せこのあとおうけいせいにのびはしる)

          f:id:eeyannka:20200322071050j:plain

             ○焼原や石の祠に神の幣      秋甫

             ○丘焼く煙剣山を駆け登る     々

             ○堤焼いて蕨生るるを待ちにけり  々