恋猫

            〇恋猫の雨を窺ふ軒の下

             (こいねこのあめをうかがうのきのした)

             

           〇恋猫の濡れて窶れて戻りけり     河童三子

           〇朝帰りして昼寝してうかれ猫     々

           〇恋猫のチャームポイント貌の疵    々

 

早春

           〇早春や君が蓬髪野に萌えよ

               (そうしゅんやきみがほうはつのにもえよ)

           

              〇耀きは早春の芽の泪かな  河童三子

              〇早春や水面を計る鯉の髭  々

              〇早春や森羅万象潤ひて   々

 

多喜二の忌

             〇露国にてまた甦る多喜二の忌      

                 (ろこくにてまtよみがえるたきじのき)

            

            〇雪解けりゃみな露わなる多喜二の忌   河童三子

            〇多喜二忌や地の果てに死すナワリヌイ  々

            〇大學は休学のまま多喜二の忌      々

 

 

 

雨水

           〇裏山を雲に隠して今日雨水

              (うらやまをくもにかくしてきょううすい)

         

           〇暖かい風も吹き来て雨水かな   河童三子

           〇雨水の日風も混じりて窓を搏つ  々

           〇雨水の朝沖の小島が濡れてゐる   々

 

東風

          〇林檎煮る窓振るわせる今朝の東風

              (りんごにるまどふるわせるけさのこち)

          

            〇夕東風が遊ぶ雀を帰らせる     河童三子

            〇朝東風や西へ西へと野の煙     々

            〇夕東風に砂州を舞ひ行く袋かな   々

 

飛梅

            〇飛梅や博多京都は乗り換へぬ

              (とびうめやはかたきょうとはのりかえぬ)

          

           〇咲けばまた都とならむ宰府の梅    河童三子

           〇絵馬に描く飛梅の夢かなわずに    々

           〇飛梅や石の上にも三年ゐたよ     々  

 

草餅

          〇草餅の棚にいきなり団子かな

             (くさもちのたなにいきなりだんごかな)

           

            〇草餅の中の鶯すぐに飛ぶ     河童三子

            〇故里は蓬芽を吹く蓬餅      々

            〇はじめから焼いて売られる蓬餅  々