春猫

           〇一瞬に砂利けり上げし春の猫

             (いっしゅんにじゃりけりあげしはるのねこ)

             

            〇恋人は斬られの与三や春の猫   河童三子

            〇春猫は略奪婚を通しける     々

            〇

 

 

絵踏

           〇絵踏すませて生まれしか信仰を得ず

             (えふみすませてうまれしかしんこうをえず)

             

           〇ただ生きて絵踏の苦難知らざるも    河童三子

           〇世の中の何の絵踏をせよとかや     々

           〇絵踏とて子規の横顔夢に見し      々       

 

                   

            

        

 

春立ちぬ

         〇ヒヤシンス根が目に見えて春立ちぬ

             (ヒヤシンスねがめにみえてはるたちぬ)

          

            〇白湯飲めば茶柱もなき春立ちぬ   河童三子

            〇立春と言われて畑の大根立つ    々

            〇立春やきのうの鰯くれと猫     々

 

節分

            〇節分の柊いわし猫招く

             (せつぶんのひいらぎいわしねこまねく)

           

            〇節分の一人の昼餉恵方向く    河童三子

            〇節分や柊の棘溌剌と       々

            〇節分会赤鬼が出す招待状     々

 

 

煮凝り

             〇煮凝の鯛の目玉を琥珀とや

              (にこごりのたいのめだまをこはくとや)

               

           〇煮凝に標本のごとあばら骨     河童三子

           〇懐かしき思いでに似て煮凝ぬ    々

           〇いつか星になる煮凝のエキスかな  々

 

 

 

春隣

            〇生水に若菜洗ふや春隣

             (しょうずいにわかなあらうやはるとなり)

            

             〇目刺焼く昼餉の煙春隣     河童三子       

             〇校門にひよこ売りゐて春近し  々   

             〇春隣スパナ探して見つからず  々

            

 

日脚伸ぶ

           〇日脚伸ぶ真西へ車走らせる

             (ひあしのぶまにしへくるまはしれせる)

          

           〇目に見えて予後の窓辺に日脚伸ぶ  河童三子  

           〇日脚伸ぶ夕餉の支度伸ばしけり   々

           〇日脚伸ぶ歩け歩けと後押す子    々