芋の秋

           ○廊下まで新聞敷いて芋の秋

             (ろうかまでしんぶんしいていものあき)

              f:id:eeyannka:20190921071751j:plain

             ○嵐きて掘り残したる芋の畝    秋甫

             ○半日を子芋剥く手こむら返る   々

             ○男作者の句は多かりき芋の秋   々

              

 

曼珠沙華

         ○曼珠沙華咲いて彼岸の入りとなる

            (まんじゅしゃげさいてひがんのいりとなる)

         f:id:eeyannka:20190920175805j:plain

           ○蜘蛛が囲を掛けて一間の曼珠沙華   秋甫

           ○散骨の骨残れるや彼岸花       々

           ○幽霊花白着て出ればなお哀れ     々

 

子規忌

         ○漫録の読みあがらずに子規忌かな

             (まんろくのよみあがらずにしききかな)

           f:id:eeyannka:20190920085701j:plain

            ○子規の本ひろげてみるや獺祭忌   秋甫

            ○子規の顔瓢箪に似て糸瓜の忌    々

            ○子規も虚子も伊予の人なり天高し  々

 

刈萱

          ○葺き替えの刈萱挿すや結の顔

             (ふきかえのかるかやさすやゆいのかお)

                       f:id:eeyannka:20190917100520j:plain

             ○刈萱の大屋根上がる村の寺   秋甫

             ○萩寺の屋根葺き替に萱積まれ  々

             ○萩の縁藜の杖の置かれけり   々

 

秋の蠅

          ○秋蠅に人なつっこく寄られけり 

             (あきばえにひとなつっこくよられけり)

        f:id:eeyannka:20180908124020j:plain

            ○一匹を二日も追ひぬ秋の蠅     秋甫 

            ○老搏つに二日かかりぬ秋の蠅    々

            ○蠅叩き知っていたのか秋の蠅    々

 

吾亦紅

          ○吾亦紅淋しいですと揺れてゐる

             (われもこうさびしいですとゆれている)

          f:id:eeyannka:20090731085331j:plain

            ○吾亦紅インスタ映えを拒みをり   秋甫

            ○吾亦紅昭和気質の町屋かな     々

            ○細き首危うく継なぐ吾亦紅     々

 

色鳥

          ○色鳥の音もいろいろに朝餉の窓

            (いろどりのねもいろいろにあさげのまど)     

          f:id:eeyannka:20190915084716j:plain

             ○色鳥の昼もまだゐて歌いをり   秋甫

             ○色鳥や湧水に豆腐売られる    々

             ○色鳥の校庭にリレー競争囃す   々